癌治療自分のヘアスタイルを大きく変えようと思った時に便利なウィッグですが、この場合はファッション用のものを使用します。しかし最近では、何らかの疾患にかかっている人向けのウィッグも存在しています。がんの治療のために抗がん剤を使用している人、放射線治療を行っている人の中には脱毛の副作用が起こってしまうことがあります。そんな時にウィッグを使用することで、見た目の改善を図ることができます。この時使用されるのが、医療用のウィッグです。

医療用はファッション用とは違いがありJIS規格の基準を満たした品質を持っている点があります。そのためファッション用よりもより品質が高く、安心して着用することができます。脱毛の症状を持っている人は、長時間ウィッグを着用します。そのため軽さや違和感のなさなどが欠かせません。不快感を抱いてしまうと、着用していても我慢をしなければなりません。その点JIS規格の基準を満たした医療用なら快適に着用することができます。

医療用のウィッグは自然な見た目を追求しているものがあり、メッシュ素材を使用して通気性にもこだわって作られています。さらにオーダーメイドで自分だけのウィッグを制作することもできます。これらの点が医療用とファッションウィッグの大きな違いといえます。


関連記事

  1. 医療用ウィッグ選び
  2. ウィッグ選び
  3. ウィッグの購入
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket